桃とだんぼママの奮闘日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 性教育

<<   作成日時 : 2007/02/27 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

前から購入しようとしていた本を買った。

保育園で「命のお話し」という、赤ちゃんの誕生の話しや、胸やおしりなどは「プライベートゾーン」といって大事なところ、お母さんやお父さんやお医者さん以外にはみせてはいけないよ・・・っといったお話がされていた。

保育園ママさんから子どもに向けての「性」の本をいくつか教えてもらい、いろいろと悩みながらこの3冊を購入した。

「とにかくさけんでにげるんだ」
「おんなのこってなあに? おとこのこってなあに?」
「女の子・男の子からだBOOK」

届いてすぐに桃は読み始めた。
「一緒にみようか?」っと一緒に読み始めた。
難しい言葉はつかっていなくて、とっても分かりやすい。
桃も真剣にみていた。

私が覚えてる限りでは・・・
小学校の高学年で男子と女子にわかれて、「保健体育」みたいな感じでちょこっと「性教育」みたいのがあった。
性教育といわれるのはそれぐらい・・・
親に教えてもらったことは・・・ないかも。

最近は物騒なので「とにかくさけんでにげるんだ」はいろいろな場面設定がしてあってとてもいいかも。

私も勉強できるいい機会。
桃と一緒に何度もよんでいけるといいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とってもとっても大切なことですね。
姪っ子の子どもがもう少し大きくなったらプレゼントしようぅ。
大人もちゃんとこういう考え方を勉強して身に付けないといけないですね。
花猫
2007/03/23 21:00
そう、本当に大切ですよね〜。
まずは大人が勉強しておかないといけないことだと、大人になって、親になって気づきました・・・。
ぜひぜひ姪っ子さんにも!!
だんぼママ
2007/03/25 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
性教育 桃とだんぼママの奮闘日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる