桃とだんぼママの奮闘日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもだからこそ・・・

<<   作成日時 : 2006/04/21 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

桃はもうすぐ4歳。
4月になり、2階の「ちびっこ(0歳・1歳・2歳)」フロアーから、1階の「キリン組(3・4・5歳の縦割り)」クラスになった。

本人は「桃もうすぐ4歳だもん!」「お姉ちゃんなんだもん!」っと意気揚々。

しかし・・・桃の話を聞いててビックリした事が・・・

今まではトイレはオープンで男も女も一緒に入ってた。
でも1階の縦割り保育になったらトイレは戸がついてるだけだけど、一応「個室」。
桃に「トイレは大丈夫なの?」とかいろいろ聞いてたら・・・
「ウンチしたら、お尻拭いてくださーいって言えば先生がきてくれるんだよ」っと。
「へぇ〜」なんて聞いてたら、「今日はね、○○先生が拭いてくれたんだよ!」っと。
「え??○○先生??」 ・・・○○先生とは保育園に一人だけいる男の先生。

なんで??
女の先生がいっぱいいるのになんで??
「女のこのトイレ介助は女の先生にして欲しい。」
「桃には男の先生が拭くのはおかしいと思って欲しい」
「パパ以外の男の人にお尻やおまたを見せるのいけないことだと思って欲しい」
・・・・いろいろ考えたがこれが私の思った事。

連絡帳にこの事を書いてみた。
迎えの時に担任に呼ばれて事務室に・・・
園長他5・6人の先生に囲まれながら、30分ほど話し合った。
園長は・・・
「同じ先生として差別したくないから、同じ仕事をしてもらっていた。
 同性の介助と言う見方からしたことがなかった。
 でもだんぼままさんのいう事は良く分かるし、そのとうりだと思う。」っと言ってくれた。
今までに私のように言った人はいなかったらしい。
まだ男の先生が入って3年だからか、送迎の時には見られない光景だし、子どもにお尻は誰が拭いたかなんて聞く親もいないんだろうし・・・
でもこの事を知ったら「いやだ」と思う親はいるだろう。

園長に
「先生だからいいんだとか、こどもだからしょうがないではなく、先生でもダメ。
 子どもだからこそ教えて欲しい」
っと言ってきた。
園長は職員で話し合いますと・・・
次の日自分の思いをまとめて文章にして、園長に渡した。
先生の名前とかは全く出さず、「桃に男の人に拭いてもらうのはおかしいと思って欲しい」という事だけを書いて。

それからはなんだか先生がやたらと話しかけてくるような・・・
だんぼママは「要注意人物」にでもなってしまったかしら・・・?

でも攻めるのでなくて、お互いの、子どものために・・・なんだよね〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
その後はどうなりましたか?
疑問に思った事をきちんと伝えられて良かったですね。
花猫
2006/04/26 08:49
>花猫さん!
まだ保育園からは何にも返事は無いんですよ。
全員の意見を聞いたり、確認しあったりは時間がかかるんでしょうかね〜。
もう少し待ってみようと思ってます。
思った事は感情的にならずにいい方向に持っていけるように伝えていきたいと思っています。
だんぼママ
2006/04/30 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもだからこそ・・・ 桃とだんぼママの奮闘日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる